日本海夕日キャンペーン30周年で記念切手

破れた切手は使えるのか

11th 6月, 2016

破れてしまった切手は使えるのか使えないのか。
白い部分が少し破れてしまっているくらいなら使える場合がありますが、額面部分が破れてしまっている場合は使えません。原則、郵便局では破れてしまった切手は使えないこととしています

原則なので程度によっては使える場合があるのですが、これは郵便局の担当者の判断に委ねられます

担当者は臨機応変に対応されているようですが、使用不可とした場合は郵便物は送れませんので、破れていない切手で送るしかありません。また、破れた切手を郵便局で交換できるかどうかですが、原則、交換できないのです。運が良ければ使用できて送れるけれど、運が悪ければ使用できず送れない(送り主に返送される)ということになりますので、取り扱いには注意したいです。
お店で切手を買う際に、店員さんが切手を破ってしまった状態で渡された場合、これはその場で破れていない状態の切手と交換してもらいましょう。「切手は破れていると使えないので、交換してください」と言えば良いでしょう。自分で切手を切り離す場合は、切り離すときには、ミシン目に折り目を付けてから慎重に切り離すか、ハサミを使って綺麗に切り離すことをおすすめします。
http://karadanokoto.jp/blog-entry-85.html

Leave a Reply