日本海夕日キャンペーン30周年で記念切手

希少な小判、実は古銭買取できる?

15th 12月, 2015

現代のお金と言えば、誰でも紙幣と硬貨を思い浮かべますよね。
しかし、大昔は紙幣の変わりに小判が使われていました。
古銭をコレクターしている方も多いんですが、中でも小判はたいへん価値があります。

コレクションしていなくても、古い民家なら小判が発見されることもあります。
ご先祖様がいざというときのために蓄えていたり、子供のために残しているからなんですね。
しかし、使おうと思っても小判のままでは使うことができませんよね。
残念なことに銀行でも換金してくれませんので、結局は売らないと駄目なんです。
古銭買取の業者に査定してもらってもいいと思います。

実は今のお金でも、いわゆるエラーが起きたお金はたいへん希少価値があります。
例えば紙幣の番号を見てエラー紙幣かどうか判断することもできますよ。
こういったお金は額面以上の価値になります。

でもエラーの起きた紙幣ってどう見分けたらいいと思いますか?
こちらの古銭の紙幣番号を参照してみたら見分け方が分かりますよ。
どんなエラーがあるのか、どれくらい価値があるのか知りたい方は必見だと思います。

希少な小判や紙幣を持っているなら業者に査定してもらいましょう。
もしかしたら、驚くような価格で買い取ってもらえるかもしれませんよ。

Leave a Reply